ミュージックライドへようこそ

ミュージックライドサービス(以下「本サービス」)をご利用いただきありがとうございます。本サービスは、ミュージックライド(以下「ミュージックライド」)が提供します。
ユーザーは、本サービスを利用することにより、本規約に同意することになります。以下を注意してお読みください。
本サービスは多岐にわたるため、使用情報の追加規定の条件(年齢制限を含みます)が適用されることがあります。追加規定は、 本サイトにより入手可能であり、ユーザーがその対象となる本サービスを利用した場合に、その追加規定は ミュージックライドとユーザーの間の契約の一部となります。

第1条(目的、本規約の適用範囲)
1.サービス利用規約(以下、「本規約」と言います)は、当管理者(以下、「甲」と言います)が当サイト(以下、「MusicRide」と言います)
上で提供するMusicRideでユーザー(以下、「乙」と言います)が利用できる機能(以下、「本サービス」と言います)の利用に関し適用されます。
※ 乙は本規約に従い、本サービスの提供を受ける法人若しくは団体または個人をいいます。
※「本サービス」とは、甲または甲の再委託先が管理するインターネットに接続されたコンピュータ機器(以下、「サーバー」といいます。)
 及び記憶装置の一部を含む領域(以下、「DB領域」といいます。)を、本サービスの利用のために乙に対して貸し出し、本サービスの機能を利用する権利を乙に貸与するサービスをいいます。
第2条(本規約の変更)
1. 甲は、乙の承諾を得ることなく、本規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用条件は、
本規約を変更した時点より、変更後の利用規約により効力を生じるものとします。その時、甲は乙に通知する義務を負いません。
尚甲は、本規約の変更に起因して乙が被った損害・紛争等については、一切責任を負いません。
第3条(甲からの通知)
1.甲は、MusicRide上の表示その他甲が適当と判断する方法により、乙に対し随時必要な情報事項(本サービスの追加、変更及び廃止等)を通知する事があります。
2.甲は前項の通知を行う義務は負いません、あくまで甲の善意で行うものとします。
3.本条により、甲が通知を行わないことによって、乙または第三者に生じた損害・紛争等について、甲は一切の責任を負いません。
第4条(本サービスの種類・提供)
1.本サービスに含まれるサービスの名称及び内容は、以下のとおりとします。
①「EVENTS」イベント情報
②「PLACES」店舗情報
③「ARTISTS」アーティスト情報
④「MOVIES」動画配信
⑤「NEWS」お知らせ
⑥「MEMBER」会員ログイン・マイページ

2.乙がアカウント登録した場合、本サービスの利用に必要な接続アカウントなどを乙に貸与し、本サービスを無償にて提供します。
3.乙が本サービスを利用してMusicRide上に必要な情報を登録・変更・削除する事が出来ます。
4.本サービスについての概要はMusicRide上のHOW TO USEに記載してあります。
第5条(利用契約の成立)
1.本サービスの利用希望者は、この利用規約に同意しアカウントを登録した場合、本サービスの利用のための申込みが終了し本サービスを利用できます。
2.前項の申込みを行い登録された時点で、甲と本サービスの利用申込者との間で、本規約の内容による本サービスの利用契約(以下、「本サービス契約」といいます。)が成立し、締結されたものとします。
3.乙による本サービス利用の申込みがあった場合でも、甲は、乙による申込みを承諾することが適切でないと甲が判断したときは、承諾された当該申込みを取り消す事が出来るものとします。
  その場合、甲はその理由を乙に対して開示する義務を負わないものとします。また、甲が申込みを承諾しないことにより乙または第三者に何らかの損害・紛争等が発生した場合、甲は一切の責任を負いません。
第6条(本サービスを利用する際の責務)
1.乙は、本サービスを利用して書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)について、甲に対して、国内外で無償で非独占的に使用する全ての権利を許諾したものとみなします。
2.乙は甲に対し、書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)等の公開情報に関して著作者人格権を行使できない事を承諾したものとみなします。
3.乙が本サービスを利用するにあたり本規約に違反したり、本サービスを利用して書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)に法令違反や第三者の権利を侵害する事により第三者との間で紛争が生じた場合には、
  乙の責任と費用(弁護士費用含む)において当該紛争を速やかかつ円滑に解決しなければならず、甲は一切の責任を負わないものとします。
  尚、乙又は甲と第三者との間で紛争が生じた場合、MusicRideが乙に対して、紛争処理の経過又は結果について報告を求めた場合は、乙は甲の求めに速やかに応じ報告を行う義務を負う事とします。
4.乙は、接続アカウント(以下、「アカウントID」といいます。)およびパスワードなどから派生したすべての損害に責任を負います。
5.乙は、アカウントIDおよびパスワードなどが第三者によって不正に使用された場合には、速やかに甲に不正に利用された内容を出来るだけ詳細に報告するものとします。
  その他 乙は、甲が貸与したアカウントIDおよびパスワードの管理、使用について責任を持って管理し情報の漏えいが無い措置を講じなければならない。
第7条(禁止行為)
ユーザーは、本サービスを利用するにあたり、以下に掲げるような行為を行ってはなりません。
1.本規約上の義務・責務を怠ったまたは本規約に違反する行為
2.第三者の著作権をはじめ、その他の権利を侵害する一切の行為
3.第三者の財産、プライバシー等を侵害する一切の行為
4.詐欺罪、名誉毀損罪をはじめ、その他犯罪に関わる行為及び法律・法令・条令に違反する一切の行為
5.ネズミ講とみなされるビジネスを運営、勧誘、助長する行為
6.宗教の宣伝告知及び勧誘・布教活動とみなされる行為。
7.本サービスが認めているイベントチケット予約行為以外の営利目的行為
8.選挙活動及びこれに類似する行為。
9.アカウントIDやパスワードを甲の許可なく第三者に貸与、売買、譲渡、継承、教示、公示、質入れする行為
10.本サービスを乙以外の第三者に乙のアカウントIDで利用させる行為 
11.本サービスを通じて知り得た甲の秘密情報を甲の承諾なく無断で複製、公開、改ざん等の利用をする行為
12.甲又は第三者のコンピューターを不正に利用する行為、甲が有害だと判断するデータの書き込みや送信行為
13.甲が判断する大量のデータ送信行為
14.甲のサーバーに過大な負荷を生じる行為
15.犯罪行為、性的犯罪、虐待行為、自殺・自傷行為等を肯定し勧誘又は助長するおそれのある行為
16.甲または第三者に不快感や嫌悪感を与えるような内容の情報を開示する行為
17.甲が人種、民族、宗教、性別、社会的身分等を理由とする差別的表現行為と判断する行為
18.甲または第三者に対する誹謗中傷や嫌がらせ等の迷惑行為またそれを肯定、助長する行為
19.第三者の個人情報を本人の承諾なく掲載したり、個人情報を不正に利用する全ての行為
20.本サービス内で公開している情報を不当に改ざんする行為
21.甲が本サービスの利用上不適切と判断する全ての行為
22.虚偽の情報を登録、書き込み又は提供する行為。
23.公序良俗に反する行為。
24.サブリミナル効果とみなす不必要なカット、テロップ等を編集した動画を登録、配信する行為
25.甲からの要請、命令、強制措置等に反する行為
26.甲の許可無しに、本サービスに書き込まれた情報・ファイルをの掲載・アップロードする行為
27.甲が本サービスを不正に利用するとみなす一切の行為。
28.甲が本サービスの提供が不適切だと判断する一切の行為
29.その他、甲が甲の理由に基づき不適切と判断する一切の行為
第8条(サービスの制限、停止、中止または廃止、契約の解除)
1.甲は、乙が本サービスを利用する際、次の各号に該当する場合には本サービスの全部または一部の提供を乙に対する事前の通知・催告を要することなく制限、停止、中止もしくは廃止、契約の解除することができます。
①甲が利用する電気通信設備の保守上または工事上やむをえない場合、障害が発生した場合、この場合本サービスの向上、非向上に関係なく適用されます。
②甲が電気通信事業者等が電気通信サービスの提供が困難で本サービスの提供が不可能と判断した場合
③天災、事変その他の不可抗力など、やむをえない場合
④乙が第7条の禁止事項に抵触する行為を行ったと甲が判断した場合。
⑤乙が、再生手続、破産手続、会社更生手続開始等の申立を行い、甲がそれを知り得た場合
⑥仮差押、差押・営業免許取消などの公権力の処分を受け、甲がそれを知り得た場合
⑦乙が甲又は第三者と紛争が生じた場合
⑧乙が暴力団またはそれに関連した組織の所属であることを甲が知り得た場合
⑧その他 甲が必要と判断した場合、理由の如何を問わず、本サービスの全部または一部の提供を制限、停止、中止または廃止、契約の解除することができます。

2.本条により、甲が本サービスの全部又は一部の提供を停止、中止または廃止したことによって、乙または第三者に生じた損害・紛争等について、甲は一切の責任を負いません。
第9条(本サービス利用の承諾事項)
1.乙は、甲に対して、以下の各事項を予め承諾するものとします。
①本サービスをご利用頂くために本規約に同意する事
②管理画面を個別にカスタマイズは致しません。
③管理画面を利用できる端末及びブラウザによる動作保障は致しておりません。
④システムの不具合等によって乙に損害が発生しても、甲は責任を負いません。
⑤不定期にて事前の通知・催告を要することなくシステム・メンテナンスを実施致します。
⑥甲の判断にてサービスの制限、停止、中止または廃止、契約の解除を行う場合が御座います。
⑦甲の判断にて乙に対する何らの通知も要せず、乙のデータまたはその他の情報を消去する場合が御座います。
⑧乙が登録したデータの著作権、肖像権等をはじめとする乙の権利について、甲は保護する義務を負わないものとします。
⑨本サービスをご利用する際、以下の容量制限が御座います。
  ・画像1ファイル 5MB
  ・動画1ファイル 100MB
  ・アカウントID毎のリッチエディタの画像200MB
⑩乙が乙のアカウントIDからの投稿、登録に関してのアクセスに関して一切の責任を負うこととします。
 盗用・不正利用等によるものであっても同様とし、乙又は第三者に発生する損害について甲は責任を負いません。
⑪甲は乙の登録した情報を複写し保管出来るものとし、乙はそれに対する異議申し立てを行いません。
⑫甲へ連絡する手段としては、お問い合わせフォームを利用致します。原則それ以外での連絡は受け付けておりません。
⑬乙は、本サービスの利用に関連し、第三者に対して損害を与えたものとして、何らかの請求、または訴訟が提起された場合、
損害賠償及び費用(弁護士費用を含みます)の請求と責任において迅速に対応・処理するものとし、乙の行為によって甲が第三者から
の紛争等が起こった場合、乙が紛争等に対処するものとし、その処理費用も含め甲を一切免責し補償するものとします。
第10条(掲載情報の取扱い)
1.甲がMusicRide上に書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)を乙に対する事前の通知・催告を要することなく追加、変更、削除 する事ができます。
2.乙がMusicRide上に登録又は書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)に関して本規約に違反していたり、その他甲が必要と判断した場合、事前の通知・催告を要することなく変更、削除をする場合が御座います。
  尚、乙がアップロードした動画に関して本規約に違反していたり、その他甲が必要と判断した場合、事前の通知・催告を要することなく変更、削除、動画データの編集、再登録をする場合が御座います。
3.乙が登録したデータが消失し、若しくは消去されるなどした場合、甲は何らの責任も負わないものとします。
  これにより乙又は第三者が損害を被った場合でも、同様とし甲は何らの責任も負わないものとします。
4. 甲は官公庁等、公的機関による開示要請があった場合は乙に対する事前の通知・催告を要することなく甲の知り得る情報の全てを開示する事が出来るものとします。
5.本条により、甲が本サービスの掲載情報による取り扱いにより乙または第三者に生じた損害・紛争等について、甲は一切の責任を負いません。
第11条(再委託)
1.甲は、乙に対する事前通知・報告・連絡を要することなく、本サービスに関する業務(全部又は一部)システム構築、サーバー保守・管理、インフラ・通信事業者等との契約を第三者に委託することができるものとします。
2.委託した第三者に対しても本規約・他免責事項に関して甲と同様とし本サービスを通じて乙または第三者に生じた損害・紛争等について、甲は一切の責任を負いません。
第12条(プライバシーポリシー・秘密保持の取り扱いについて)
1. 甲はプライバシーポリシーの取り扱いについて別途プライバシーポリシーのページに定めるものとし乙は乙に関連する事において遵守しなければならない。
2.乙は、甲の事前の書面による承諾がない限り、本サービスに関わる甲の営業上及び技術上の全ての知り得た秘密情報を第三者に開示・漏洩しないものとします。
  そして本サービスの目的・本規約に記載された以外の目的に使用しないものとします。
3.次のいずれかに該当すること情報について、乙は、秘密保持義務を負わないものとします。
①情報の開示を受けた時、既に公知されている情報。
②情報の開示を受けた後、乙の責めによらず公知とされた情報。
③情報の開示を受けた時、乙が適法に占有または知得していた情報。
④乙に対する情報の開示について事前の書面による甲の承諾を得た情報。
⑤法令、行政当局または裁判所により開示することが義務付けられた情報。
⑥甲の開示情報によらず独自に開発した情報。
第13条(著作権)
1.甲の提供する本サービス(各コンテンツの集合体としての本サービス及びシステムプログラムを含みます。)に関する著作権その他の知的財産権は、甲又は開発した再委託者に独占的に帰属するものとします。
2.乙は、本サービスの利用において、甲又は再委託者の著作物を、本規約及び著作権法その他の法律で許された範囲内でのみ利用出来るものとします。
3.乙が甲又は開発した再委託者の著作物の利用、改変、複製、頒布、その他の行為をしたり甲又は再委託者の著作権を侵害した事によって本規約及び著作権法その他の法律に違反してはなりません。
4.乙は、他の本サービス利用者が本サービスを利用して書き込んだ情報(文章等のテキスト、リンク、画像、動画、音声)の利用、改変、複製、頒布、その他の行為をしたり他の本サービス利用者の著作権を侵害した
  事によって本規約及び著作権法その他の法律に違反してはなりません。
5. 乙が本条に記載された内容に反した場合、全ての責任は乙に帰属するものとし、乙は甲、開発した再委託者、第三者が生じた損害・紛争等についての一切の責任を負うものとし、乙が上項に違反し他のサービス利用者
  との間に損害・紛争等が生じた場合にも同様とする。
第14条(損害賠償)
甲は、乙が次の各号に該当した場合には、乙に対して損害賠償及び費用(弁護士費用を含みます)の請求を行うことが出来ます。
① 乙が本規約に違反し、甲に損害が発生した場合
② 甲が第三者から何らかの理由で損害賠償及び費用(弁護士費用を含みます)の請求を行われ、それが乙の責によるものと判明した場合
③ その他、乙が故意・過失にかかわらず本サービスを通じて行った行為により甲が損害を受けた場合
第15条(存続条項)
本契約の終了後も、本規約の中で乙の責に関わる条項については7年間効力を有するものとします。
第16条(準拠法および合意管轄)
本規約の準拠法は日本法とし、また本サービスまたは本規約に関して生じた紛争については、名古屋地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。
第17条(協議)
この約款に記載のない事項で甲乙協議の必要がある場合については、乙と甲との協議によって定めます。
follow me
facebook